TEXT

日本語

CRANE/折り鶴

POTENTIAL DEVELOPMENT

ROSES/バラ

Untitled-1.jpg

INSTALLATION/インスタレーション

BUGS/蟲

Origami Work

 

There is a word in Japanese: "kokoro", which means "heart", "mind", and "spirit" as one thing.  We use it frequently in daily conversation, such as "putting kokoro in", " reflecting kokoro", "cleansing one’s kokoro", and so on.  I have been brought up in a culture which focuses profoundly on living with "kokoro" as the center of our life.  It naturally becomes a habit to think about "putting my kokoro" into every moment of cutting vegetables, composing a letter or any act of creation.

Since I left Japan more than twenty years ago, my journey has encountered unexpected hardship, failure, and setbacks that were at times difficult to overcome.  I have struggled through identity crises due to social expectations, misunderstanding arising from disparate cultures, and beliefs and expressions outside the comfortable and familiar circle of a small country. I have searched for the answer to who I truly am by working with different places, people, ideas and medium.  However, surprisingly I have always found my sense of security, peace, and serenity through folding papers, especially in the art form of origami.

Origami brings forth warm memories of my early childhood, in the loving embrace of my grandparents’ calm existence, full of curiosity and excitement, folding papers into three dimensional objects. I began origami when I was four years old as a small activity of everyday pleasure, and it has become my lifetime passion.

The turning point of my artistic desire occurred when I became a mother, eleven years ago.  I began to think seriously about how to make myself a better person who must relate to my daughter as a guide for life.  Negative thoughts and feelings can cause negativity in our relationship and negative phenomena, and I wished to free myself from such harmful influences.  So why not keep myself up with positive thoughts and energy?

 

Origami is truly suited to fill my busy in-between time with warmth and tranquility, strongly connecting to the happiest time of my childhood, and – like meditation – focusing on the light of positive thought and fulfilling my creative desire.

 

折り紙作品 / オリガミズム

 

アクリル絵の具で彩色した再⽣利用紙によるコラージュ作品

日本語には、“heart”, ‘’mind”, “spirit”を包括した“心”という言葉があります。わたしたちは、“心を込める”、“心を映す”、“心を洗う”などという表現で、日常会話の中に“心”という言葉を頻繁に用います。わたしは、“心”を生活の中心に据えながら生きることに深く焦点を当てる文化的背景の中で育ってきました。野菜を切ったり、手紙を認めたり、ありとあらゆる創作活動の中に“心を込める”ことは、自然と習慣となったのだと思います。

約20 年前に日本を離れてから、時として、乗り越えるのに一苦労した思いもよらない困難や失敗、挫折に遭うことが当然としてありました。快適で慣れ親しんできた日本という小さな輪の外側に出たことで、異なった文化や考え方や表現方法の狭間で、周囲からの期待や異文化に起因する誤解を通して自⼰アイデンティティーの危機に苦しんだことも幾度となくありました。様々な土地で、様々な人々と、様々なアイディ アや手法を使って仕事をしながら、自分が真に誰であるのかという答えを探し求めてきました。そんな中、自分でも驚くべきことに、とり わけ折り紙というアートの形態、紙を折る行為を通して、心の安定、平和、落ち着きといった感覚をいつも見つけることができたのでした。

 

祖父母に静かに優しく見守られながら紙切れを立体的な形に折り込むことで好奇心を満たし、興奮を覚えた幼少期の温かな思い出を,折り紙は愛情深くわたしに思い出させてくれるのです。4歳の時に始めた 毎日の小さな喜びの活動が、⽣涯の情熱となったのでした。わたしの制作に対する欲求の転換期は、13 年前に自分が母親になった 時でした。我が⼦の人生の良きガイド役として、彼女との関係を培っていくにあたって、⾃分自身を如何により良い人間にしていくべきかについて真剣に考え始めました。否定的な考えや感情がわたし達の人間関係や好ましくない現象を齎すのだとしたら、自分はそんな有害な影響から⾃分⾃身を解放したい。だから、自分自身を肯定的な思考やエネルギーで常に満たしているべきではなかろうか。 折り紙は、わたしの多忙な日常の合間合間を、幼い頃の最も幸せな時間にしっかりと繋がりながら温かな気持ちや静寂で満たしてくれ、まるで瞑想のように、肯定的な思考の光に焦点を合わせ、わたしの創造 的な欲求を満たすのに大変適しているのかもしれません。