TEXT

日本語

Traditional Origami Crane <The Prayer>

 

In Japan, the origami crane is the most traditional and known motif.  The bird is a symbol of long life, prosperity, and peace, as well as the love of parents toward their children.  Many people fold a thousand cranes as a prayer or gesture of sympathy or sorrow.  That is why you can see the threaded cranes in Hiroshima Peace Park, the location of fatal accidents, hospitals, and so on.

 “The Prayer” series of my origami crane work is an extension of my meditation, prayer, self-suggestion to teach myself to be as a stable person as possible according to my ideal self-image. It is also a reflection of my wish and hope to our children to be happy beings and for this world to be a better place for our children to live in.

 I believe that objects contain the energy of their creator, and therefore, I wish to transmit the good energy of my "kokoro" through only positive thoughts.  Each bird embodies my wish to be a better person with inner peace, and in search of meeting with my higher self, throughout my creation time.

 I also hope the cranes welcome you to participate in my prayer.  It would be a great joy for me if you can experience my journey of looking for inner light in daily life.

 

折り鶴 <祈り>

日本では、折り鶴というのは最も伝統的で,よく知られているモチー フです。鶴は、長寿、繁栄、平和、そして子供たちに対する親の愛情の象徴とも言われているのだそうです。多くの人が、彼らの祈り、同情や悲しみを 表すために、千羽鶴を折ったりします。広島の平和記念公園や、命に関わる事故の現場、病院などで束ねられた千羽鶴を見掛けるのはそのためなのです。

わたしの<祈り>シリーズの折り鶴作品は、自分⾃身の瞑想、祈り、 ⾃己暗示の延長線上にあるもので、自分の理想とする⾃己イメージに基づいて、できるだけ安定した人間でいるために自分を諭す意味合いも込められています。同時に、わたし達の子供たちが幸せな⼤人になるよう、そして、この世界が彼らにとってより良い住処となるようにというわたしの願いや希望を反映したものでもあります。 ありとあらゆるモノにはそれらを創り出した人間のエネルギーが宿ると信じているので、肯定的な思いを包括した自分の“心”の最良のエネルギーだけをわたしは伝えたい。創造の時間を通して、内なる平和や高次の自己と融合するための模索など、1羽1羽の鶴がわたしのより良い人間でいたいという望みを具現化しているのです。 鶴たちによって、わたしの思いが皆様と共有できたら幸いです。日常⽣活に於いて内なる光を探し求めるわたしの旅を皆様に体験していただけたなら、それはわたしにとって大きな喜びです。